<< 外灯の改修 | main | 究極の大道芸人 >>

おひさしぶりです


 今年の夏は本当に暑かった

 現場によって暑さの体感が違うのだけど、特に今年は暑いと感じました。
 初夏のカラットした暑さはまだ耐えられるけど、残暑は周辺環境たとえば道路のアスファルトとか建物は蓄熱されていて、熱中症になるのではないかと感じました。

 ここ1週間はだいぶ秋らしくなってきていますが、温度差が大きいのでこれはこれで過ごしにくい・・・

 これは自分の年齢によるものかと、たまにさびしくなる事を考えたりするようになりました。
 (残暑の頃は、後頭部がかなり暑かったのは自分だけかな???)



世間では上半期の仮決算や人事異動などがあります。
また、尖閣諸島や竹島問題、政党の代表選挙等、政治的にも不安定な時期です。

 人間って、やっぱり安定を求める。
 心身共にバランスとか、金銭的にはお金持ちになりたいとか・・・

 最近ふっと思うのは、人生何かを求めて毎日生きていて、若かった頃はもがき苦しみ泣き笑いながら吸収していくものが間違いなくあります。そして年齢を重ねて中年、壮年、老人?になる毎にそれなりの経験に応じて折り合いがついてくるとか収束してくるというか、そうなんじゃないかって感じます。

 たとえば、やせている人から太りたくなり(反対もそうだと思います)
 貧乏だからお金持ちになりたくなる。(反対はないかも)
 優しくないから優しくなりたい
 愛情に飢えているから愛情を欲しがる。



仕事で思うのは、零細企業だから少しでも成長発展させたい。
今までの電気工事会社とはちょっと違うぞ!と感じさせたい。

昨日TVで見た独創的なフィギアを創っている海洋堂には感動しました。
極限まで意識を集中させてフィギア創っている、また、そのような極限状態だから生まれてくる作品がある。

自分に翻ってみると、3年前会社を辞めて一人になった時の気持ち、これから電気工事で一旗揚げてやろう、その裏には不安定な心持ちがあり、ある意味で極限状態だった事を思い出しました。

不安定だから安定を求める・・・
でも安定してしまったらその先に生まれてくるものが何もなくなる・・・
だから常に底辺というかハングリーというか、そういう不安定なところに自分を持っていく・・・

フィギアと電気工事は職種が違うけれど、自分の中には海洋堂の社長と同じ血が流れているなーと思いながら見ていました。

最後はどのレベルで帳尻が合うのか、自分にはさっぱり分かりませんが、独創的で個性的な電気工事会社を目指して生きていきます。

at 09:26, 株式会社 オクテック, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。